離婚相談は弁護士へ~サヨナラ問題はプロにお任せでスッキリ解決~

後のことまで検討

離婚の際のトラブルが増えています

Staff

日本では離婚するカップルが増えており、その際のトラブルも多いです。昔と比べると、短期間で結婚生活が破綻するケースも多くなっており、この傾向は今後も続くと予測されています。夫婦間の溝が修復できないほど深くなると、一刻も早く別れたいという理由で、条件がかなり不利なのに離婚してしまう人もいます。また、きちんと話し合いをしなかったために、別れた後にトラブルが続出するケースもあります。一番多いのは、慰謝料や養育費、財産分与などお金の問題です。不利な条件で離婚したことに気付いて、後で後悔しないためにも、早めに弁護士に相談するといいです。離婚に詳しい弁護士であれば、慰謝料や養育費、財産分与に関して的確なアドバイスができます。特に、子供がいる夫婦の場合、傷付いている子供に、さらに経済的な悪影響を与えるのを避けるために、別れる前と同じレベルの生活ができるよう、養育費や親権について話し合うことが大切です。

信頼関係がとても大事です

離婚するためには、法律で認められる原因が必要となります。離婚には、協議、調停、審判、裁判と4つの種類があります。協議して解決できない場合は、調停に進むことになります。そして、それでも解決しない場合は、審判離婚、裁判離婚に進むことになります。離婚の種類によって、必要な知識や注意点が異なってくるので、自身の状況に合わせて弁護士と相談し、必要なことはしっかりと頭に入れておくようにします。裁判を起こす場合は、長期化することも多いので、信頼して何でも相談することができる、相性の良い弁護士に依頼することが大事です。また、離婚が成立すれば書類を提出しますが、結婚して姓を変更している場合は、姓と戸籍についても、どのようにするか検討しておきます。何かわからないことがあれば、弁護士に相談すれば丁寧に答えてくれます。